So-net無料ブログ作成

ssh1069 DYデミオのDIYまとめてご報告(2) [DIY記]

<2018>


 ssh1068の続きです。


 御年13歳のわがDYデミオ。本日満13年の車検を馴染みの工場に予約しました。これで14年目突入決定。

 車齢が14歳になると自動車税が割増となります。環境負荷の低い新しいクルマへの買い替えを促進するというのが表向きの理由のようですが、まあこじつけでしょう。モノを大切にすると損するというのもまことに妙なお話であります。余計な税金収めるのはイヤだけど、こんな政策に乗せられるのはもっとイヤです。DYデミオ、まだまだ元気ですし。工場の人も「8万km?まだまだだねえ。」と言ってくれましたし。


 さてssh1068に書ききれなかったDIY。1つ目はスピーカーの交換。

DSCN2823.jpg

 私のデミオはDYでももっとも安価なカジュアルというグレードで、純正オーディオはCD/ラジオのみ、スピーカーはフロントに2つだけです。音はそんなに悪くはないですが、感心するほどじゃない。オーディオマニアを自認するshiraとしてはグレードアップを敢行したいところです。

 一番いいのは純正オーディオからスピーカーから全部新調すること。でもこれは大変。純正オーディオを社外品に取り替えるのは専用のパネルが必要で、古いクルマゆえパネルは入手困難です。となるとスピーカー交換くらいしかやれることはありません。



 スピーカーはあれこれ物色したのち、ケンウッドのコアキシャル(同軸)2ウェイのものを通販で取り寄せました。

 昔乗っていたユーノス・ロードスターはドアの内張りがスピーカー部分だけ取り外せるようになってたんですが、今そういう非効率的な設計のものはありません。DYデミオも内張りを丸ごとエイヤッとはずさないといけません。内張りの取り付け「はめ込み」なので、本当にエイヤッと力まかせに引っ張らないと取れません。壊れやしないかとけっこうビクビクしながらの作業です。

 さらに内張りにはパワーウインドウなどのスイッチがついていて、当然そこにはコードがつながっています。本当ならカプラーを外すのですが、このカプラーがやたらと固くて外れません。結局外した内張りをロープでドアから吊って作業しました。

 スピーカーの交換そのものはネジを緩めてコードを外して新しいスピーカーにコードをつけてネジで止めてと、大した作業ではなかったです。外したスピーカーは後ろのドアに取り付けました。これで4スピーカーです。

 実は作業終了後にトラブルが発生していました。フロントスピーカーの接続は付属のエレクトロタップという簡便な端子を指示通りにつかったのですが、こいつの接触がイマイチで、取り換え後に接触不良を起こしました。やむなくハンダ付けしました。ハンダ付けにしたら音が劇的に良くなりました。やっぱ接続って大事です。


 2つ目はトノカバーの取っ手。

DSCN2835.jpg

 トノカバーというのは荷室の目隠しカバーのこと。1万円以上するオプションでしたがオマケで付けてくれました。最近のワゴンはこのカバーに手を引っ掛ける穴が空いてるんですが、デミオのやつはそういう気配りは一切なし。カバーを引っ込めるバネが強く、片手で引っ張ると滑ってしまいます。いい構造はないかとあれこれ考え、端材で作った取っ手を両面テープで貼り付けました。最近の両面テープはなかなかモノが良く簡単には剥がれません。


 3つ目はルームランプの交換。

DSCN2821.jpg

 流行りのLEDランプです。通販に安いものがあったので購入しました。コスト最重視ということか、取扱説明書も箱もラベルも一切なし、プチプチのビニール袋に無造作に放り込まれて送られてきました。本体もコスト最優先でカバー類は一切なくLEDはむき出しです。でもモノはマトモで、大変明るい。すべてのDIYの中でこれが一番家族親類に評判がいいです。デミオのルームランプは前後2つあるので2つとも交換です。


 4つ目は補助ミラー。

DSCN2832.jpg

 何を隠そう、私はクルマ好きのくせに取り回しが昔から苦手なのです。無傷で終わったクルマが皆無というくらいで。特に駐車場が苦手。ミラーを動かすことなくロットの線が見えるようなものがないかと思い購入しました。意外に高くて1000円ほど。

 で、付けてはみたんですが、これ今のところイマイチです。けっこう邪魔なんですよね。車検が終わったら別の方法を考えることになると思います。


 私は昔っから身の回りのものに小さなカイゼンを加えるのが大好きです。部屋でも仕事机でもカバンでも時計でも自転車でもオーディオでも教室でもなんでも、自分の手でちょっとしたカイゼンを加えて自分の好みにしていくのが好きなんです。

 自分がそうだから他の人もそうだと思うのは大間違い。うちの家族はそういうのにほぼ無関心です。困ったら新しいのを買うか業者に頼む。不確実なものはNGです。こっちからヘタに手を出してダメ出しされたことは数知れません。

 それでもたまに家族からリクエストされることがあります。ええ、もちろんやりますけど、結構なプレッシャーです。家族とは言え、他人に頼まれたらそれは「仕事」です。趣味のレベルじゃダメ。頼んだ人間が満足してくれるような仕事をせねばなりません。

 お婆ちゃんが腕によりをかけて作ったパイが孫娘にあっさりダメ出しされるような状況は、何も『魔女の宅急便』だけじゃありません。もらう側にはもらう側の価値観があります。作る側はつい貰う側の価値観を忘れちゃうんですよね。だから私は頼まれない限り家族を含めて他人のためのDIYはやりません。でも、頼まれたら真面目にやります。ええ、頼まれた以上は「仕事」ですから。


 実はDIY期は書斎編もあります。そっちはまた後日ということで。


nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。