So-net無料ブログ作成

ssh1085 書斎のDIY(3) リアスピーカー追加&PC環境改善プロジェクトその2 [DIY記]

<2019>


 ssh1084の続きです。

 FE108EΣのリアスピーカーが完成して、メインシステムは2組のサラウンドとなりました。

 組み合わせは少々迷ったのですが、音色と能率の相性を考えて、

・D-101Sスーパースワン(FE108Sol) + 今回作成したFE108EΣのリアスピーカー

・D-164(FE166En) + これまでD-101Sと組み合わせていたFE126Eのリアスピーカー

という風にしました。


 とか書いてて面倒くせえなあと思います。リアスピーカーは設計から製作まで完全自製なので名前も型番もなくて、おかげでいちいち上記のような書き方をしないといけません。完全自製のスピーカーというとデスクトップオーディオで使っているものもそうです。こうなると名前なり型番なりのIDが欲しくなります。

 というわけで、急遽IDをつけることにしました。気取った名前は恥ずかしいのであっさり型番で行きます。

・デスクトップオーディオのスピーカー: 最初に作った8cmユニット用ということでS108

・FE126Eのリアスピーカー: 2号機で12cmユニット用なのでS212

・今回作ったリアスピーカー: 3号機で10cmユニット用ということでS310


 組み合わせての試聴ですが、なかなかよろしいです。

 D-101S+S310は、さすが高級ユニット同士の組み合わせできれいな音がします。音のバランスもいいし馬力もたっぷりあります。ただFE108EΣはFE126Eよりも能率が少々低いのでサラウンド効果も少し下がりました。

 一方のD-164+S212は、期待通りの鳴りっぷりです。

 もともとD-164を再稼働させたのは、荒っぽくても馬力のある音が欲しかったからです。開口部のチューンアップで見違えるように低音が出るようになったD-164はS212との組み合わせでさらにいい感じになりました。

 そもそもS212はD-164と組み合わせるために作ったものです。D-164をテクニクスEAS-16F20で鳴らしていた独身時代にスピーカーマトリクスサラウンドのために追加したのがS212です。当時のユニットはFF125Kでした。12cm一発のスピーカーにしては妙に大きく背が高いのもリアスピーカーで使うことを考えてのことでした(フロントで使うこともできるようにバスレス設計になってはいます)。

 D-101S+S310に比べると全体に音が荒く歪っぽくもあるのですが、力感はD-164の方があります。うん、こういう風になって欲しかったんですよ。

 余談ですが、D-164とS212がしばらく実家でホコリをかぶることになった原因を作ったのは当時1歳だった長男です。EAS-16F20もFF125Kもエッジがウレタン製なんですけど、家族で実家に行ったら気づかぬ間に彼がエッジを指でブスブスと突き刺してまして。たぶん感触が楽しかったんでしょうね。


DSCN3173.jpg


 S310が加わるにあたり、オーディオもPC環境もいじくりました。オーディオはあまり大きな変化はありませんが、これまでD-101Sのヘッド部分にかぶせていた紙製のカバーは廃しました。代わりにバンダナを折りたたんだものでカバーするようにしました。聴く時はバンダナを持ち上げるだけなのでラクです。

DSCN3175.jpg

 気分転換にレコードプレーヤーにかぶせる布も取り替えました。見る人が見ればこのバンダナの素性はすぐわかると思います。



 一方のPC環境。PCは長いことリビングの一角にありましたが、諸事情あって8年ぶりに書斎に戻しました。当初はこの写真のようにデスクの右端に置いていました。

DSCN2859 (1).jpg

 こうやって置くとS212に対して邪魔なんですね。写真だとよく見えませんがS212の下には置台があります。こうやって高さを稼いでスピーカーユニットがPCから出るように狙ったんですけど、あんまりよくないです。そこでPCの位置を右から左に移しました。


DSCN3178.jpg

 なんだただそれだけかと思われるかも知れませんが、これが意外に大変。ACコードの配線・LANケーブルの配線・バックアップディスクの設置・プリンターの位置などなどを全部ひっくり返す半日仕事でした。

DSCN3180.jpg

 バックアップディスク(アップル言うところのタイムマシンという機能)は長らく日立の3.5インチ500GBを使っていましたが、ひょんなことから2インチ用のケースを買うことになり、どうせならHDDも新調しようとWDの1TBのものを買いました。小さいのでiMacのスタンドに置けます。


 PCが書斎に来て良くなったことはいくつもあります。

 まず夜中にPCをいじくっても家人に迷惑がかからない。ブログやツイッターなどどうしても書いておきたいことを夜中に思いついても書けます。

 2つ目は音響環境。今まではiMacのスピーカーで音楽を流しながらPCをいじることが多かったのですけど、これ結構PCに負担がキツくて相当な発熱です。しかも音はPCの音。それにリビングなのであまり大きな音は出せない。現在はデスクトップオーディオから音楽を流しながらPCををいじくれます。音もPCよりずっといいし。

 あと、文章書いているときに調べものをしたくなったら書斎の本や辞書を開けば済みます。

 もう一つは校長先生に邪魔されることがないということですね。校長先生は書斎があまり得意じゃないようで入ってこないのですよ。リビングでsshを書いていたころは甘える先生を膝に乗っけて書くこともありました。


 iMacは長男の高校入学にあわせて買ったもので、気がつけばもう10年目に入りました。とっくに代え時を過ぎてます。それでも家で使う分には不満はないので壊れるまで使おうと思ってます。


 まあ、古いキカイという点ではオーディオの方がずーっと古いですけどね。一番新しいアンプ(PM-14SA2)も14年くらい使ってますし、CDプレーヤー(CD-80)とカセットデッキ(TC-K222ESG)なんか30年選手です。こっちも再起不能まで使うことになると思います。最近はリサイクルショップやオーディオ店で程度のいい中古が買えますから、壊れたら中古を買おうかなと思ってます。




nice!(3)  コメント(1) 

nice! 3

コメント 1

tyuuri

 shiraさんは、音楽と音楽環境が好きなんですね!
 関係ない話ですが、新しい職場では下校放送で、"The Long And Winding Road"が毎日流れます。素晴らしい曲ですが、当てもなく行き先も見えない道へ生徒を送り出しているようで、これって、ブラックユーモアか?と考えてしまう私は、ひねくれ者でしょうか。
by tyuuri (2019-05-28 21:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。