So-net無料ブログ作成
ssh過去記事紹介 ブログトップ

ssh257 あきらめの悪い者が勝つ〜国公立前期直前のおすすめ記事 [ssh過去記事紹介]

<2009>

 

 225日が近付いてます。国公立大学の前期個別試験です。

 ここが大本命という人が多いでしょうから、いよいよという感が強いはずです。

 

 直前にやるべきことなんて、特にない。

 センター直前に、私はそう書きました。

 個別試験直前も、同じです。

 直前のアドバイスなんて、ありません。

 せいぜい、体調を崩さず、

 気持ちが落ち着かないのなら、誰かに話を聞いてもらって、

 まずまずのコンディションで本番に行ければ、

 それで十分です。

 

 

 この時期、改めて一つだけ伝えたいのは、

 受験はあきらめの悪い者が勝つ、ということです。

 

 


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh238 1月・センター直前のおすすめ記事reprise [ssh過去記事紹介]

<2009>


 


 2009年の新年が明けました。


 受験生のみなさん、年末年始はどう過ごしましたか?


 緊迫感をもっていた。


 いつになく張り切って勉強した。


 やろうとは思ったけど、周囲が賑やかでイマイチ集中できなかった。


 思い切ってハネを伸ばした。


 いろいろな年末年始があったと思います。


 


 どんな過ごし方をしたかは、今となっては問題ではありません。これからが勝負ですから。


 


 センター試験、あと2週間です。


 2週間あります。


 2週間分の勉強しかできませんが、2週間分の勉強は確実にできます。


 とにかく、腹をくくってください。


 2週間分、やれることをやりましょう。


 


 この時期のsshのおすすめ記事一覧です。


 


<教科学習>


ssh31 新しいモノに手を出すな


ssh32 考えてもしょーがないことは考えない


ssh33 がんばれ受験生


ssh39 あと1週間で、できること


ssh41 ライバルは、ここにはいない


ssh42 本番は、結果オーライ


ssh77 ベストなんかいらない


ssh157 1ヶ月しかないのか、1ヶ月あるのか


ssh158 受験生の年末年始


ssh163 平常心なんか持てなくても


ssh164 やるだけやってみよう


<考える力を鍛える>


ssh40 受験勉強はネタ知識の宝庫


<進路選択>


ssh162 願書は余計に取り寄せよう


 


 


 


 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ssh234 12月のおすすめ記事reprise [ssh過去記事紹介]

<2008>

 

 私の本職は某公立高校の教員です。

 何によらず、仕事ってもんはいろいろとグチりたくものです。

 グチっていられるうちはいいんですよ。グチすらはばかられるようになったらかなり危険です。

 学校の先生なんてもんはある意味とても単純でして、生徒が快調だと機嫌がよくって、生徒が不調だと不機嫌になります。

 スポーツの指導者が、選手やチームが快調だと口まで滑らかになりますけど、まあ人を教えるってのは、誰しもそういうもんです。

 

 私が最近とみによく使う言い回しに、こんなのがあります。

 「まあねえ、生まれて初めて高校生やってるんだからさ。」

 

 私も教員なるお仕事をもう20年もやってますんで、ついつい「何でこんなことも!」とか思っちゃうんですよ。

 でもねえ。

 高校生って、ほとんど全員が生まれて初めて高校生やってるんですよ。

 高校に入るのも、高校2年生になるのも、高校最上級生になるのも、受験生になるのも、初めてなんですよ。

 初めてなんですから、ヘタクソで当然ですって。

 経験者から見れば当たり前過ぎることでも、初めての人にとっては手探りです。

 

 受験だってそうです。

 現役って言えば聞こえはいいけど、要は受験1年生、知らない世界への挑戦者です。

 緊張感の連続です。恐怖感やら不安感やら、神経戦です。

 浪人だって、余裕なんかありません。

 多くの浪人生には「今年は必ず決めろ」という重圧があります。つらいっす。

 

 てなわけで、受験生にとって、「わかりきっていること」なんかありません。

 そういうわけで、「12月のおすすめ記事」をここに改めて提示させていただきます。


 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh155 12月のおすすめ記事 [ssh過去記事紹介]

<2007>

 

 気が付けば12月も中旬になります。

 受験生にとっては、いろいろ不安で焦ってくる時期です。

 特に現役生は。

 「この子の1歳は、一度しかない」とかいうキャッチコピーが昔ありました。多分ビデオカメラかなんかのCM

 キャッチコピーは好きじゃないんですけど、それでも、ホント、毎年毎年、似たようなことを思うんですよ。

 

 ほとんどの高校生は、生まれて初めて高校生をやっている。

 だから、現役生は、生まれて初めて受験生をやっている。

 焦るのも、不安になるのも当然です。

 よくある失敗だってします。

 私たちから見れば明白な間違いでも、当人たちにとっては初体験での失敗です。

 もちろん、教員側からすれば、もうわかりきっていることはアドバイスします。

 それでもやっぱり、言われるのと体験するのでは、まるで違う。

 

 当事者には、当事者にしかわからない苦労があります。

 裏返せば、当事者にしか味わえない成就感もあるわけです。

 

 「感動をありがとう」なーんてことよく言う人がいますが、アホかっての。

 感動も成就感も当事者のものです。その人にしかわからない気持ちってのは、必ずあります。

 

 受験勉強が本当に良きものであるのかどうかは、私には何とも言えません。

 でも、受験勉強で人間が成長する(学力という意味ではなく)ということは、確かにあります。

 そういう若者を、たくさん見てきました。

 

 頑張れば必ず報われるとは言いません。人生は時に残酷です。

 しかし、それでも、結果が報われなくとも、

 頑張る価値は、確かにあります。

 これは断言します。


 


続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
ssh過去記事紹介 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。