So-net無料ブログ作成

ssh1085 書斎のDIY(3) リアスピーカー追加&PC環境改善プロジェクトその2 [DIY記]

<2019>


 ssh1084の続きです。

 FE108EΣのリアスピーカーが完成して、メインシステムは2組のサラウンドとなりました。

 組み合わせは少々迷ったのですが、音色と能率の相性を考えて、

・D-101Sスーパースワン(FE108Sol) + 今回作成したFE108EΣのリアスピーカー

・D-164(FE166En) + これまでD-101Sと組み合わせていたFE126Eのリアスピーカー

という風にしました。


 とか書いてて面倒くせえなあと思います。リアスピーカーは設計から製作まで完全自製なので名前も型番もなくて、おかげでいちいち上記のような書き方をしないといけません。完全自製のスピーカーというとデスクトップオーディオで使っているものもそうです。こうなると名前なり型番なりのIDが欲しくなります。

 というわけで、急遽IDをつけることにしました。気取った名前は恥ずかしいのであっさり型番で行きます。

・デスクトップオーディオのスピーカー: 最初に作った8cmユニット用ということでS108

・FE126Eのリアスピーカー: 2号機で12cmユニット用なのでS212

・今回作ったリアスピーカー: 3号機で10cmユニット用ということでS310


 組み合わせての試聴ですが、なかなかよろしいです。

 D-101S+S310は、さすが高級ユニット同士の組み合わせできれいな音がします。音のバランスもいいし馬力もたっぷりあります。ただFE108EΣはFE126Eよりも能率が少々低いのでサラウンド効果も少し下がりました。

 一方のD-164+S212は、期待通りの鳴りっぷりです。

 もともとD-164を再稼働させたのは、荒っぽくても馬力のある音が欲しかったからです。開口部のチューンアップで見違えるように低音が出るようになったD-164はS212との組み合わせでさらにいい感じになりました。

 そもそもS212はD-164と組み合わせるために作ったものです。D-164をテクニクスEAS-16F20で鳴らしていた独身時代にスピーカーマトリクスサラウンドのために追加したのがS212です。当時のユニットはFF125Kでした。12cm一発のスピーカーにしては妙に大きく背が高いのもリアスピーカーで使うことを考えてのことでした(フロントで使うこともできるようにバスレス設計になってはいます)。

 D-101S+S310に比べると全体に音が荒く歪っぽくもあるのですが、力感はD-164の方があります。うん、こういう風になって欲しかったんですよ。

 余談ですが、D-164とS212がしばらく実家でホコリをかぶることになった原因を作ったのは当時1歳だった長男です。EAS-16F20もFF125Kもエッジがウレタン製なんですけど、家族で実家に行ったら気づかぬ間に彼がエッジを指でブスブスと突き刺してまして。たぶん感触が楽しかったんでしょうね。


DSCN3173.jpg


 S310が加わるにあたり、オーディオもPC環境もいじくりました。オーディオはあまり大きな変化はありませんが、これまでD-101Sのヘッド部分にかぶせていた紙製のカバーは廃しました。代わりにバンダナを折りたたんだものでカバーするようにしました。聴く時はバンダナを持ち上げるだけなのでラクです。

DSCN3175.jpg

 気分転換にレコードプレーヤーにかぶせる布も取り替えました。見る人が見ればこのバンダナの素性はすぐわかると思います。



続きを読む


nice!(3)  コメント(1) 

ssh1084 書斎のDIY(2) リアスピーカー追加&PC環境改善プロジェクト [DIY記]

<2019>


 前代未聞の官制10連休が終わり、亜寒帯の当地も初夏の陽気であります。

 超超超多忙な2018年度が終わり、気温の上昇とともに私のDIY気分も上がってまいりました。なんだか変温動物のようであります。


 2019年度最初の工作は、昨年度着手したものの放置されていた書斎のリアスピーカーの追加です。

 この企画はssh1071で紹介したD-164チューンアップとセットで考えていました。D-164の音質向上を図るためにD=164専用のリアスピーカーを追加し、リスニング環境を改善すべくPCのレイアウト等も変更するという狙い。実際、D-164チューンアップの際に同じ板材からリアスピーカーの部品をカットしてありました。で、カットしたまま半年以上放ったらかしてて、今月ようやく再着手したという次第です。


DSCN3120.jpg


 組み立て前の部材。実はカットするときにミスを犯しまして、裏板の1枚が8mmほど寸足らずになってしまいました。新たな部材を切り出すのも面倒だしもったいないし、さてどうしようかと結構悩みました。

DSCN3121.jpg

 結論。このまま組み立てることにしました。裏板なので目立たないし、隙間はごまかせる範囲内と判断しました。


 組み立てはボンドだけで行います。一辺が150mmほどの小さな箱なのでボンドだけで強度は十分だし、ラウンドバッフルにするには釘やネジは邪魔です。天板と側板はハタガネで圧着して、バッフルと背板は重石をのっけて圧着します。

DSCN3126.jpg


DSCN3131.jpg



 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ssh1071 書斎のDIY(1) D-164のチューンナップ [DIY記]

<2018>


 オーディオとPC環境をいじくりました。今回はそのご報告。まずは大物のオーディオから。

 書斎のオーディオには2年ほど前からずっと気になっていたことがありました。D-164の音です。


DSCN2422.jpg


 いじくる前のオーディオ全景。手前の焼却炉みたいなスピーカーがD-101Sスーパースワン。長岡鉄男のバックロードホーンスピーカーの中でも傑作と言われています。昨年ユニットをFE103Solに替えてから絶好調、顔がほころぶようないい音で鳴ってくれています。

 後方の壁についたてのように張り付いているのがD-164。30年ほど前に作ったバックロードホーン。長らく物置でホコリを被っていて不憫だったので再塗装して再稼働させました。ユニットはFE166En。再稼働は成功で、音は物足りない部分があったのですが、時間をかけて少しずつ調整していこうと思っていました。

 そのD-164が、あれこれ調整してもなかなか思うような音になってくれませんでした。一言でいうと音が安っぽい。校内放送かトランジスタラジオみたいな印象。いくらなんでもこんな音のはずはない。D-101Sがユニット交換で俄然音が良くなったので余計に安っぽく聞こえる。


 調べること半年以上。原因がわかったときはショックでした。低音不足だったんです。


 D-164は低音重視の設計です。結婚前はこいつがメインだったのですが、地鳴りのような低音がモリモリ出てくるのが快感でした。そのD-164から低音が出ていない。そんなバカな。


続きを読む


nice!(2)  コメント(1) 

ssh1069 DYデミオのDIYまとめてご報告(2) [DIY記]

<2018>


 ssh1068の続きです。


 御年13歳のわがDYデミオ。本日満13年の車検を馴染みの工場に予約しました。これで14年目突入決定。

 車齢が14歳になると自動車税が割増となります。環境負荷の低い新しいクルマへの買い替えを促進するというのが表向きの理由のようですが、まあこじつけでしょう。モノを大切にすると損するというのもまことに妙なお話であります。余計な税金収めるのはイヤだけど、こんな政策に乗せられるのはもっとイヤです。DYデミオ、まだまだ元気ですし。工場の人も「8万km?まだまだだねえ。」と言ってくれましたし。


 さてssh1068に書ききれなかったDIY。1つ目はスピーカーの交換。

DSCN2823.jpg

 私のデミオはDYでももっとも安価なカジュアルというグレードで、純正オーディオはCD/ラジオのみ、スピーカーはフロントに2つだけです。音はそんなに悪くはないですが、感心するほどじゃない。オーディオマニアを自認するshiraとしてはグレードアップを敢行したいところです。

 一番いいのは純正オーディオからスピーカーから全部新調すること。でもこれは大変。純正オーディオを社外品に取り替えるのは専用のパネルが必要で、古いクルマゆえパネルは入手困難です。となるとスピーカー交換くらいしかやれることはありません。



続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

ssh1068 DYデミオのDIYまとめてご報告(1) [DIY記]

<2018>


 最近ツイッターばかりやっていてsshはほったらかし状態です。

 でもあんまりほったらかしとくと、記事が表示されなくなっちゃうんですよね。たまには更新せんと。

 今回はこの2年ほど行ったわがデミオへのDIYをまとめてご紹介します。


 通称DYデミオと呼ばれる2代目デミオ。購入したのは2005年、すでに13年が経過しました。DYデミオはマツダが2度目の倒産危機に陥ってフォード傘下に入って何とか難をしのいだころの製品で、不振にあえぐマツダにあって国内市場で月数千台を売り上げる貴重な主力商品。販売台数を確保すべくサービスも大盤振る舞いで、100万円少々の安価なクルマなのに10〜20万円の値引きが普通にされていました。

 もともとが安価なクルマなので乗り心地とか静粛性とかは大したことないのですが、走りの機能にかかわる部分はずいぶんしっかり作られていて、13年目の現在もまったく問題なく快調に走っています。

 2000年ころからでしょうか、日本車の耐久性はずいぶん上がった気がします。1990年代あたりまでは10年10万kmであちこちガタが出たものですが、最近のクルマは15年15万kmくらいけっこう平気です。

 と言っても、私のデミオの走行距離はまだ8万kmほど。そのうち2万kmは最初の1年で走ったもの。ここ10年ほどは年間で5000kmくらいしか走ってない計算になります。勤務先が近くなって自転車で通勤することが増えたりして。


 そんなデミオのDIYによるカイゼン。1つ目はヘッドランプバルブの交換。

DSCN2814 (1).jpg

 オリジナルのハロゲンバルブが寄る年波でかなり暗くなっていました。アラ還暦に入ったshiraとしてはランプが暗いというのは誇張ではなく死活問題です。

 バルブ交換にはちょっと苦い思い出があります。デミオの前に乗っていたセンティアもバルブ交換をしたのですが、欲張って強力なものを選んだせいで、発熱でカプラーが溶けてしまったんです。今回はそういうことにならないようにかなり慎重にモノを選びました。結果、割と安価で輝度もそこそこの青白いタイプのハロゲンバルブにしました。

 交換作業は自分でやりました。クルマのヘッドランプバルブ交換はこれが初経験だったのですけど、作業は難航を極めました。デミオは小型車ゆえボンネット内に余裕がなく、バルブを止めている金具がよく見えず、手を突っ込むのもけっこうたいへんでした。またH4という規格のバルブの止め金のカラクリも初めてゆえよくわからず、手鏡やら何やら動員して1時間くらいかかってようやくやり方を理解しました。その後義父母宅のスズキSX4セダンにも同じバルブを取り付けたんですが、こっちの作業はメチャクチャ簡単で10分ほどで終わりました。

 バルブ交換と同時にレンズを磨きました。プラスチックのレンズは紫外線による経年劣化でかなり曇っていました。これをピカールで研磨しました。新品のレンズには紫外線を防ぐコーティングがしてあるそうで、研磨するとそのコーティングも落ちてしまいかえって曇りやすくなるらしいんですが、なに数ヶ月おきに磨き直せばいいだけです。

 バルブ交換とレンズの研磨でヘッドランプは一気に明るくなりました。心配したカプラーのトラブルもありません。


 2つ目は最大の作業。純正オーディオに外部入力を取り付けました。



続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ssh1064 STR-22再稼働 [DIY記]

<2017>


 またまたDIYネタです。35年前に買ったレシーバー、ソニーSTR-22を再稼働しました。原発と違って古い音響機器の再稼働は無害有益、というのはいつものネタであります。

str-22.JPG

 STR-22は1980年ころに発売されたレシーバー。当時の定価は44,800円。レシーバーというのはチューナーとアンプが一体化したもののことで、1970年代はシステムステレオやコンポにかなりよくありました。これにレコードプレーヤーとスピーカー(とカセットデッキ)を繋げばステレオの出来上がりです。性能を追求するならアンプとチューナーは別体の方がいいんですが、ローコストのステレオで無理にアンプとチューナーを別体にするとコスト的にムダが多くてかえって性能が下がるということもあって、当時ローコストとされていたトータル10万円以下のシステムではレシーバーはよく使われていました。その後システムステレオはあまり流行らなくなり、アンプとチューナーを別体にしたコンポが主流になりレシーバーは衰退、レシーバーという言葉も廃れました。しかしミニコンポやミニミニコンポの時代になると、アンプとチューナーを一体化したものがまた出てきました。ただレシーバーという呼び名は消えていたので、メーカーは「チューナーアンプ」と呼んでいました。

 実はSTR-22はカセットオーディオ黎明期の製品で、「マンハッタン」という名前のシステムコンポの中核コンポとして売り出されました。マンハッタンは当時には珍しくレコードプレーヤーをオプション扱いにして、レシーバー・カセットデッキ・スピーカーから成っていました。カジュアルなカセットオーディオにはコンパクトな方がいいということでこういうものを考えたんでしょうか。幅はフルサイズ(430mm)ですが高さと奥行きはコンパクトで、ミニコンポの商品展開がパナソニックやパイオニアに比べて後手だったソニーの、ミニコンポへの橋渡し的な製品だったのかもしれません。

 こいつを購入したのは大学1年の時。大好きな音楽やら何やらを我慢して、私にしては珍しく禁欲的に勉強に励んだ高校2・3年を経てめでたく大学に入学した私が、大学1年の夏休みにアルバイトで稼いだお金で買った「自分用」のステレオの中核でした。テクニクスのDDプレーヤー(49,800円)がどうしても欲しくて、アンプとチューナーとスピーカーはあまり高くないものをと思いこれを選びました。スピーカーはアイワの1本1万円くらいの小さなものにしました。


続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 

ssh1062 RX-DT77のこと〜ssh1061の余白 [DIY記]

<2017>


 本日はssh1061で報告したパナソニックRX-DT77のその後のことなど書いてみます。

 実はssh1061をアップしてから、再度同じところが接触不良を起こしました。しかし原因は明確でしたので、すぐに対策は完了して現在に至っています。


 一部マニアの間では「バブカセ」などと呼ばれる、1980年代後半から90年代のCDのラジカセ。時はカセット・CDの幸せな共存時代。CD+ダブルカセット+大出力アンプ+マルチスピーカーを搭載したCDラジカセは、大きく重く、高音質で多機能で、もちろん高価。一方、本格的なコンポーネントステレオはカセットオーディオが進めたオーディオのカジュアル化により市場を狭め、代わってミニコンポが主流となっていた。5万円を悠々超えるラジカセと10万円ほどで買えるコンポは、サイズ的にも価格的にも、そして性能機能の面でも、ずいぶん近いものになっていました。

 嫁サンが「高かったよお」と言うDT77はパナソニックのラジカセでも上級機種。当時求められるものは全部持っていました。


DSCN2570.jpg

 コブラトップを開けるとボタンやツマミがずらり。当時はリモコンへの信頼が高くなく、リモコンで操作できる機能であっても本体にも操作ボタン類をつけておくのが普通でした。カセット・CD・チューナー・タイマーの操作に必要なスイッチはすべてついています。音量は電子式ではなくアナログの電動式。高級コンポと同じです。リモコンを操作するとツマミがモーターでグググと回ります。トーンコントロールとS-XBSは本体のスライドつまみでしか調整できません。

 コブラトップにはディスプレイとジョグダイヤルとスイッチ。ディスプレイにバックライトがついていませんが、このころはワードプロセッサでもディスプレイにバックライトのないものがよくありました。ジョグダイヤルはラジオのチューニングやタイマー合わせに使います。ちょっと不思議なのはこれほどの機種なのにラジオのシーク機能(自動的に電波の強い局を探す機能)がないこと。プリセット機能はあるので、一度セットすればいいという発想なんでしょう。


続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 

ssh1061 パナソニック大型CDラジカセ復活プロジェクト [DIY記]

<2017>


 嫁サンが結婚前に買ったパナソニックのラジカセが寄る年波で妙な症状を起こすようになりました。例によって20年以上前の製品ゆえメーカーでの修理は不能。DIYの出番です。1週間ほどかけていじくって、何とか復活させました。


DSCF0932.jpg

 パナソニックRX-DT77は1990年発売。時はCDとカセットの幸せな共存時代、さらにバブルの余韻もあり、ラジカセと言えども高音質・多機能・凝ったデザインを盛り込んだ高価格巨大タイプが販売されていました。CD+ダブルカセット+ラジオという成り立ちは当時の標準仕様。カセットの倍速ダビング機能や、ラジオがTVの音声も受信できるというあたりも当時の標準。タイマー機能やリモコンも標準です。

 定価はよくわからんのですが、50000円以上のはず。当時としてもかなり高価。嫁サンも「高かったよお」とよく言ってました。寸法は幅710mm高さ293mm奥行264mmとジャンボサイズ。重さも8.5kgとヘビー級。一応乾電池でも作動しますが、単一乾電池10本を入れると総重量9.6kg。キャリングハンドル付きとはいえ、ポータブルとは言いかねます。

 こいつにはS-XBSという重低音再生回路があり、ラジカセとは思えない強力な低音を再生します。ソニーの「ドデカホーン」と並ぶ人気のアイテムでした。

 パナソニックラジカセの一番の売りは本体上部のディスプレイ部分が可動式になっている「コブラトップ」。これは大げさに言えば青少年男子の憧れでした。後に電動コブラトップなんてのまで出ます。ただしRX-DT77は手動開閉式。


 さて、我が家のDT77の妙な症状というのは、そのコブラトップに関わるものです。具体的には、

・コブラトップを閉じた状態で電源スイッチをオフにすると、数秒後に電源が勝手にオンになる。

・コブラトップを開閉すると、途中でビープ音が発声し、モード切替などが誤作動を起こす。

・そのせいかどうか知らないが、CDのトレイ開閉がうまく作動しない。


 ではヘタの横好きDIY修理と参りましょう。shira史上もっとも巨大な音響機器の分解修理です。


続きを読む


nice!(3)  コメント(4) 

LHR103 冬の中規模企画〜CF-1480再稼働プロジェクト(2) [DIY記]

<2016>

 

 LHR102の続きです。

 カセット部については満足いく結果にならなかったCF-1480ですが、ラジオを始め各部はちゃんと作動するようになりました。今回は再稼働後の状況をご報告。


DSCN2001.jpg

 

 作業終了後のCF-1480。ボディ全体をアルコールでクリーニングし、金属部分はピカールという研磨剤で磨きました。新品同様とはいきませんが、まずまずキレイになってくれました。

 

 紛失した電源コードに代わるコードを用意するのは一苦労でした。規格が古過ぎるようで、本体側のコネクタの形状に合うコードが見つからないのです。手元のガラクタ類を引っ掻き回してみたところ、あるDCアダプターの出力側端子が偶然はまりました。これを手持ちの電源コードにつないで代用コードとしました。ビニールテープの巻かれているのがつないだ部分です。DCアダプター用の端子なのでちょっと怖かったのですが、問題ありませんでした。良い子はマネしないでください。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

LHR102 冬の中規模企画〜CF-1480再稼働プロジェクト(1) [DIY記]

<2015>

 

 最近、本業や小論文に関する記事がめっきり減って、代わりに趣味の話ばっかり書いているsshです。

 今回も趣味ネタです。

 ssh473で紹介した我が家のカセットテレコの黒船、ソニーCF-1480のレストアに挑戦しました。


DSCF0906.jpg

 CF-1480は「スタジオ1480」の愛称で1974年の発売。兄と私の大切なオーディオマシンとして大活躍しました。その後ステレオやカセットプレーヤーに役目を譲ってからも、母がタイマーにつないで目覚まし時計代わりにラジオを鳴らすという使い方を思いつき、10年ほど前まで現役で働いていました。

 母が養護施設暮らしになって完全に出番のなくなったCF-1480、別に使い道があるわけでもないのですが、このまま家電ゴミにするのも忍びなく、再稼働してみようと思い立ちました。原発と違ってこちらの再稼働は無害有益、誰に遠慮する必要もありません。

 

 

 さて、自宅に持ち帰ってチェック。すると、問題多数。

  • 電源コードがない。とりあえずの動作確認は電池で行う。
  • FMロッドアンテナの先端が折れている。
  • 電池ケースのスポンジがボロボロ。
  • キャリングハンドルのストッパーが破損。直立で止まらず前に倒れてしまう。
  • AMラジオはちゃんと入る。チューニングインジケーターのLEDも点灯する。
  • FMがまったく入らない。バンド切替スイッチを23回切り替えたら入った。
  • カセットは一応回るが、音はひどい状態。回転ムラも大きい。
  • 録音ボタンが押せない。
  • ソニー自慢のフルオートシャットオフ(録音/再生だけでなく早送り/巻き戻しでもカセットが終わるとラジオの電源もろともオフになる)が作動しない。
  • 録音レベルと電源状態を示すREC/BATTメーターがまったく振れない。
  • 音量・音質調整は多少のガリはあるが問題なし。
  • ダイヤルライトはちゃんと光る。
  • 外見は年相応に傷も汚れもあるが、まあまあ。

 

 コンポの分解は何度もやっていますが、ラジカセは初めてです。

 小さなボディにカセットとラジオが搭載されているラジカセはコンポよりも構造が複雑です。果たして私にレストアができるか。ビクビクしながらのスタートです

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。