So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ssh1090 「大君は・・・」解答編 ちょっと真面目な科学的思考のお話 [小論実戦トレーニング]

<2019>

 

 「即位の礼で降雨が止み虹が出たことが単なる偶然でないことを主張するには、どのようなことをすればいいでしょうか。」というssh1089の解答編です。ネタはいたって軽いのですけど、sshはここからけっこう大げさに科学的論証のお話をしようと思っています。


<実験できればいいのだけれど>

 ある仮説が正しいかどうかを検証するには、いくつか方法があります。

 その中で一番いいのは「実験」です。実験を繰り返しても同じ結果が出れば(再現性と言います)その仮説はかなり信頼できます。自然科学=理系の分野では実験は実に強力な武器です。

 ところが今回の場合、実験はちょっと難しい。まさか毎年即位の礼をやってもらうわけにはいきません。皇位継承権持ってる人は2人しか残ってないし。仮に同じような儀式をやってもらえたとしても実験としてはよろしくない。本物の即位の礼じゃないですからね。

 文系の学問分野は人文科学・社会科学ですけど、この分野は実験ってものが効きません。経済学・歴史学・哲学・文学等々の学説は実験で確かめることができない(唯一の例外は心理学)。


<観察・調査はできる>

 小学校の理科の授業で、実験よりも先にやらされるのが観察です。夏休みの宿題のアサガオの観察に苦労した思い出はありませんか。観察は理科だけではありません。政治学・経済学・言語学は観察がすごく重要です。言語学は言語の使われ方のサンプルを集めて仮説を検証します。

 一方、社会科では調査をやります。大人の話を聞いたり、図書館で本を開いたり、博物館や資料館に行ったり。小学生だと調べ学習なんて言いますが、まあ資料調べとフィールドワークですね。歴史学や文学では文献が命です。

 観察・調査は一応使えます。

 具体的には、過去の天皇代替わりの式典の天気を調べます。


続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 

ssh1089 大君は神にしませば・・・ [小論実戦トレーニング]

<2019>


 2019年10月22日、今上天皇徳仁陛下が正式に即位しました。

 なんかSNSでは「今生天皇」てなとんでもないものがいっぱい流れてるみたいですけど、現天皇は今上天皇というのですよ。今上の標準的な読みは「きんじょう」。


 この日、東京のお天気はよろしくなく、朝からざんざん降りの雨でした。儀式の最中はTVカメラにもはっきり映るような土砂降り。あの勢いでもう30時間くらい降ってくれたら台風19号の被災地の気持ちもいささかわかってもらえたかも知れません。


 しかしあいにくというべきか幸いというべきか、その後天気は回復、降雨の後の晴れということで現地ではきれいな虹がかかったようです。


 この虹に対して、天皇家大好き人間の方々がなかなか面白いことを発言しているのですね。天も祝福したとか、神秘的とか、天皇家には超自然的なパワーがあるとか何とか。


 これを「バカじゃねえの」と斬って捨てるのは簡単です。まあ実際バカじゃねえのと思いますけど。

 でもそれじゃイマイチ。sshとしてはちょっとばかりお付き合いしてみたくなりました。


 というわけで、久々の実践トレーニング。今回のお題はこちら。


 即位の礼で降雨が止み虹が出たことが単なる偶然でないことを主張するには、どのようなことをすればいいでしょうか。



nice!(1)  コメント(5) 

ssh1088 気仙沼で同窓会(3) [ご挨拶&エッセイ]

<2019>


 7月に行ってきた大学の同窓会の様子のご報告を、もう1本だけ。


 震災遺構を見学した後は、のんびりと観光。マイクロバスで気仙沼大島へ行きました。


 DSCN3480.jpg


 気仙沼大島、地元の方は単に大島と呼んでいます。面積9平方km、人口3000人というかなり大きな島です。小田の浜海水浴場は海がきれいで、大島神社は1000年以上の歴史があるとのこと。写真は展望台から撮ったもので、かなりの絶景です。

 ただ、この展望台、道が狭い上に駐車場がなく、シャトルバスで上がるしかありません。我々はスケジュールの都合で展望台の滞在時間が10分ほどという中学生の修学旅行のような突撃観光でした。




 大島と港の間は長らく連絡船・フェリーが交通手段でした(フェリーが津波に飲まれる映像を覚えている方もいるかも知れません)。この4月に気仙沼大島大橋が開通し、クルマで行き来することができるようになりました。



 

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 

ssh1087 気仙沼で同窓会(2) [ご挨拶&エッセイ]

<2019>


 気持ちのいい温泉(気仙沼温泉は塩泉なのでしょっぱいのですけど)とゴージャスで美味な料理を満喫して旧交を温め、合唱団の同窓会ということで久しぶりに合唱をして(老眼で楽譜がよく見えないのは参った)、とか楽しんでるうちに第1日は終了。明けて第2日は幹事企画の気仙沼市内ツアーでした。

 これが、本当に良かったんですよ。

 あの大震災のあと、被災地に行くのはこれがようやく初めて。せっかく行くのだから市内ツアーは是非参加したいと、仕事を調整した甲斐がありました。


 まず向かったのは気仙沼向洋高校の旧校舎を震災遺構として保存した伝承館。撮影できなかったのですけど、旧校舎の遠景は恐らく多くの方がTV等で見たことのある映像だと思います。

DSCN3419.jpg

 遺構ということで、可能な限り震災当時の状況が保存されています。写真だとよくわかりませんが、大きなものは崩れないようにワイヤーで固定するなど苦心のあとがあります。


DSCN3414.jpg

 津波は4階建校舎の3階までを完全に飲み込み、4階も床上20cmほどまで海水が流れ込みました。4階部分の展示には水位がはっきりわかる遺構もあります。



続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

ssh1086 気仙沼で同窓会(1) [ご挨拶&エッセイ]

<2019>


 大学時代のサークルの同窓会で宮城県気仙沼市に行ってきました。

 私、仙台にキャンパスのある大学が母校でして、そこの混声合唱団に所属しておりました。学業に対してはまったく不真面目でしたが、サークルの方は割ときちんと参加していました。おかげで同窓会のお誘いもいただくことができました。

 この同窓会が企画されたのは2年前。同学年の一人が仕事の関係で時々仙台に行っていて、仙台在住の友人たちと会っていた。で、久しぶりにみんなで集まりたいてな話になったようです。集まるなら同一学年にこだわらずに前後の学年にも声をかけたら楽しいだろうということで拡大同窓会という形になりました。まあホンネとしては合唱団内の先輩後輩が結婚してるケースが結構多くて(私は違いますよ)、拡大同窓会にすれば夫婦で出られるというのもあったんでしょう。

 いや、ホントに出たかったんですよ、この会は、

 ところが、旧記事にも書きましたが、私は某巨大イベントの仕事にはめられて一昨年・昨年と塗炭の苦しみを味わっておりました。何がどうつらかったのかは思い出せなくても死にたいくらいつらかったことは忘れない。とても同窓会に行ける状況ではありませんでした。

 今年はくだんのナニから解放されています。今度こそということで勇んで出かけました。大震災後、初めての東北です。


DSCN3374.jpg


 一ノ関で東北新幹線を降りて大船渡線で気仙沼へ。一ノ関駅で仲間と再開し、普通列車内はすでに同窓会状態。気仙沼駅ではピカチュウがお出迎え。大船渡線は週末にピカチュウ列車が運行されてます。子どもが小さかったら興奮したと思いますが、わが豚児は全員成人しちゃってます。


続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ssh1085 書斎のDIY(3) リアスピーカー追加&PC環境改善プロジェクトその2 [DIY記]

<2019>


 ssh1084の続きです。

 FE108EΣのリアスピーカーが完成して、メインシステムは2組のサラウンドとなりました。

 組み合わせは少々迷ったのですが、音色と能率の相性を考えて、

・D-101Sスーパースワン(FE108Sol) + 今回作成したFE108EΣのリアスピーカー

・D-164(FE166En) + これまでD-101Sと組み合わせていたFE126Eのリアスピーカー

という風にしました。


 とか書いてて面倒くせえなあと思います。リアスピーカーは設計から製作まで完全自製なので名前も型番もなくて、おかげでいちいち上記のような書き方をしないといけません。完全自製のスピーカーというとデスクトップオーディオで使っているものもそうです。こうなると名前なり型番なりのIDが欲しくなります。

 というわけで、急遽IDをつけることにしました。気取った名前は恥ずかしいのであっさり型番で行きます。

・デスクトップオーディオのスピーカー: 最初に作った8cmユニット用ということでS108

・FE126Eのリアスピーカー: 2号機で12cmユニット用なのでS212

・今回作ったリアスピーカー: 3号機で10cmユニット用ということでS310


 組み合わせての試聴ですが、なかなかよろしいです。

 D-101S+S310は、さすが高級ユニット同士の組み合わせできれいな音がします。音のバランスもいいし馬力もたっぷりあります。ただFE108EΣはFE126Eよりも能率が少々低いのでサラウンド効果も少し下がりました。

 一方のD-164+S212は、期待通りの鳴りっぷりです。

 もともとD-164を再稼働させたのは、荒っぽくても馬力のある音が欲しかったからです。開口部のチューンアップで見違えるように低音が出るようになったD-164はS212との組み合わせでさらにいい感じになりました。

 そもそもS212はD-164と組み合わせるために作ったものです。D-164をテクニクスEAS-16F20で鳴らしていた独身時代にスピーカーマトリクスサラウンドのために追加したのがS212です。当時のユニットはFF125Kでした。12cm一発のスピーカーにしては妙に大きく背が高いのもリアスピーカーで使うことを考えてのことでした(フロントで使うこともできるようにバスレス設計になってはいます)。

 D-101S+S310に比べると全体に音が荒く歪っぽくもあるのですが、力感はD-164の方があります。うん、こういう風になって欲しかったんですよ。

 余談ですが、D-164とS212がしばらく実家でホコリをかぶることになった原因を作ったのは当時1歳だった長男です。EAS-16F20もFF125Kもエッジがウレタン製なんですけど、家族で実家に行ったら気づかぬ間に彼がエッジを指でブスブスと突き刺してまして。たぶん感触が楽しかったんでしょうね。


DSCN3173.jpg


 S310が加わるにあたり、オーディオもPC環境もいじくりました。オーディオはあまり大きな変化はありませんが、これまでD-101Sのヘッド部分にかぶせていた紙製のカバーは廃しました。代わりにバンダナを折りたたんだものでカバーするようにしました。聴く時はバンダナを持ち上げるだけなのでラクです。

DSCN3175.jpg

 気分転換にレコードプレーヤーにかぶせる布も取り替えました。見る人が見ればこのバンダナの素性はすぐわかると思います。



続きを読む


nice!(3)  コメント(1) 

ssh1084 書斎のDIY(2) リアスピーカー追加&PC環境改善プロジェクト [DIY記]

<2019>


 前代未聞の官制10連休が終わり、亜寒帯の当地も初夏の陽気であります。

 超超超多忙な2018年度が終わり、気温の上昇とともに私のDIY気分も上がってまいりました。なんだか変温動物のようであります。


 2019年度最初の工作は、昨年度着手したものの放置されていた書斎のリアスピーカーの追加です。

 この企画はssh1071で紹介したD-164チューンアップとセットで考えていました。D-164の音質向上を図るためにD=164専用のリアスピーカーを追加し、リスニング環境を改善すべくPCのレイアウト等も変更するという狙い。実際、D-164チューンアップの際に同じ板材からリアスピーカーの部品をカットしてありました。で、カットしたまま半年以上放ったらかしてて、今月ようやく再着手したという次第です。


DSCN3120.jpg


 組み立て前の部材。実はカットするときにミスを犯しまして、裏板の1枚が8mmほど寸足らずになってしまいました。新たな部材を切り出すのも面倒だしもったいないし、さてどうしようかと結構悩みました。

DSCN3121.jpg

 結論。このまま組み立てることにしました。裏板なので目立たないし、隙間はごまかせる範囲内と判断しました。


 組み立てはボンドだけで行います。一辺が150mmほどの小さな箱なのでボンドだけで強度は十分だし、ラウンドバッフルにするには釘やネジは邪魔です。天板と側板はハタガネで圧着して、バッフルと背板は重石をのっけて圧着します。

DSCN3126.jpg


DSCN3131.jpg



 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

ssh1083 校長室だより(2) [校長室だより]

<2019>


 校外巡視中の校長先生です。

 校長先生はsshの象徴でありsshに関する権能は有しておりませんが、校外巡視は校長先生の大切なお仕事であります。象徴には象徴の務めがあるのであります。


DSCN3192.jpg


 校長先生の校外指導のお供をするのは、私にとってもメリット大です。先生はあまり遠出を好まれないので家の庭とその周辺をウロウロすることが多く、おかげで家の外のあれこれを日々チェックできます。先日給湯器の配管からの水漏れを発見したのも校長先生のお供をしている最中でした。さすがsshの象徴であります。


 数年前まではヘルニアを患ったり目を痛めたり食欲が落ちたりした時期もあった校長先生ですが、ここ2年ほどは実に元気です。食欲は旺盛だし、腰もまるっきり快調です。すでに還暦(12歳)を回った校長先生ですが、まだまだ活躍されることと思います。


nice!(2)  コメント(0) 

ssh1082 年度始めのご報告など [ご挨拶&エッセイ]

<2019>


 新年度もあっという間に1ヶ月過ぎました。メディアを通じて伝わってくる世間は10連休だー!と盛り上がっております。現実はそうでもないのでしょうが。

 筆舌に尽くしがたい2018年度がなんとか終わりまして、私も新年度に入っております。

 年度が変わって、いささかの変化も生じました。本日はそこいらへんのご報告を。


 本年度は人事異動はなく、昨年度までと同じ高校で働いております。新しい環境への適応が年々苦手になっている私としてはありがたいことです。校務分掌も変更なく、相変わらず進路指導とダンス部を担当しています。


 内田良らの活動のおかげで中学高校現場の部活のブラックな実態が問題視されるようになってきました。いいことです。

 本校は部活動が大変盛んな学校です。しかしここ数年は学業との両立のためけじめをつけていく方向に舵を切っています。定期考査前の一週間はオフです(大会がある場合は職員会議に報告して了承を取った上で短時間の練習)。放課後の活動は18:30ですべて終了させます。土日についても大会前でなければどちらかをオフにする方向で動いています。

 私が顧問を務めるダンス部も同じ流れになっています。現在、とても熱心に指導をやってくれる先生がコンビを組んでくれて、おかげでずいぶんとラクをさせてもらっています。その先生も今年は朝練習を可能な限りなくしています。県内のダンス部を見ても練習時間と成果は必ずしも相関していません。十分な睡眠時間と休養を与えた方がパフォーマンスも向上するということでしょう。

 そういうわけで部活動はかなりラクをさせてもらってますが、連盟の仕事は相変わらずでして、今年も事務仕事はいっぱいあります。



続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 

ssh1081 年度末のご報告など [ご挨拶&エッセイ]

<2019>


 本年度も終わりに近づきました。ようやく、やっとようやく、本当にようやく、年度末です。

 いやあ、2018年度はホントに大変でしたね。筆舌に尽くしがたいと言いますか、地獄の責め苦と言いますか、50代も後半になって(アラカンって奴ですね)こんなにキツい年度を経験するとは思いませんでした。


 すでに書いたことですが、本年度は当地でデカいイベントがありまして、私は本業そっちのけでその運営に忙殺されました。イベントそのものは8月で終わってやれやれです。生きて終了を迎えられるかどうかマジで不安でしたよ。イベントを統括した県のトップは9月の人事異動でご栄転したそうで、まー大変おめでたいことであります。ふん。


 肝心の本業では3年生の担任でした。受験生の担任です。校内でもっともやることの多い立場です。学習指導はもちろん、受験に向けて三者懇談あり出願指導ありです。特に1月以降は生徒一人一人にアドバイスやら添削やら何やらしないといけません。朝から放課後まで生徒はひっきりなしにやってきます。個別指導の合間に授業に行くという感じ。授業準備は生徒が来なくなった遅い時間帯か休日にやっておかないと間に合いません。隣のデスクの同僚さんに野戦病院みたいだと言われました。

 それでも、生徒を相手にしての多忙は「忙殺」とは感じませんでした。そりゃそうです、教員ですから。どうせ忙しいなら生徒のための多忙が一番いいです。

 にしても、今年の入試は厳しかったですね。特に私大の文系学部は本当に厳しかった。最低でも日東駒専は押さえるだろうと思っていた生徒が大東亜帝国止まりだったりして。予備校の関係者も同じことを言っていました。業者のリサーチでA判定B判定だった受験生がボロボロと不合格になりました。うーん、つらい。


 大変だったのは仕事だけじゃありません。



続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
前の10件 | -