So-net無料ブログ作成

ssh1084 書斎のDIY(2) リアスピーカー追加&PC環境改善プロジェクト [DIY記]

<2019>


 前代未聞の官制10連休が終わり、亜寒帯の当地も初夏の陽気であります。

 超超超多忙な2018年度が終わり、気温の上昇とともに私のDIY気分も上がってまいりました。なんだか変温動物のようであります。


 2019年度最初の工作は、昨年度着手したものの放置されていた書斎のリアスピーカーの追加です。

 この企画はssh1071で紹介したD-164チューンアップとセットで考えていました。D-164の音質向上を図るためにD=164専用のリアスピーカーを追加し、リスニング環境を改善すべくPCのレイアウト等も変更するという狙い。実際、D-164チューンアップの際に同じ板材からリアスピーカーの部品をカットしてありました。で、カットしたまま半年以上放ったらかしてて、今月ようやく再着手したという次第です。


DSCN3120.jpg


 組み立て前の部材。実はカットするときにミスを犯しまして、裏板の1枚が8mmほど寸足らずになってしまいました。新たな部材を切り出すのも面倒だしもったいないし、さてどうしようかと結構悩みました。

DSCN3121.jpg

 結論。このまま組み立てることにしました。裏板なので目立たないし、隙間はごまかせる範囲内と判断しました。


 組み立てはボンドだけで行います。一辺が150mmほどの小さな箱なのでボンドだけで強度は十分だし、ラウンドバッフルにするには釘やネジは邪魔です。天板と側板はハタガネで圧着して、バッフルと背板は重石をのっけて圧着します。

DSCN3126.jpg


DSCN3131.jpg



 
 問題のカットミスで生じた隙間を埋めます。本来ならエポキシ樹脂かパテがいいのですが、手元にコーキング剤があるのでこいつで間に合わせます。

DSCN3135.jpg


 やってみるとイマイチな感じ。コーキング剤は本来小さな隙間を埋めるためのものなので仕方ない。小さなことは気にしない。

DSCN3136.jpg


 角にカンナをかけて面取りをし、サンダーをかけて研磨とラウンドバッフル化をします。それが済んだら塗装。ここから先はツイッターの引用でご覧ください。







 というわけで、無事に完成しました。

 長くなったので、続きは次の記事に回します。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。